包装に使う梱包材&緩衝材など包材の情報満載!

ネットショップ経営者必見! 通販におすすめな梱包材・緩衝材メーカー6選!

包装容器の種類

雑記

包装容器の種類

投稿日:2019年7月27日 更新日:

包装容器にはさまざまな形があるかと思います。

袋型のものでは、ピロータイプ包装があります。小袋包装形式の一種で、包装材料の縦の中央部を貼り合わせ、上下端を熱溶接した包装のことです。

お菓子やスナック、味噌、ラーメン、調味料、農産加工品などに使われているのをよく見かけます。

三方シールというのは、包装材料を二つ折りにして、折り辺以外の3つの辺を熱接着した包装だそうです。粉粒体の小分け包装に使われるそうです。薬品などに使用されているそうです。

四方シール包装というのは、包装材料を2つ折にするか、または2枚重ね合わせて、四辺を熱接着した包装したものだそうです。

粉粒体の小分け包装、比較的扁平な物品の密封包装に用いるそうです。ラーメンのスープやレトルト食品、漬物に使われているそうです。

ストリップ包装というのは、錠剤、カプセルのような小形のものを1個または複数個ずつ、二枚の包装材料の間に挟み込んで、その周辺を熱接着した包装方法だそうです。

包装材料には、気密性が高いもので、ヒートシール可能なものが用いられているそうです。

スタンディングパウチというのは、袋の底にひだを取り付けて、立てられるようにした袋のことで、おもに製薬、食品、飲料用パウチとして使用されています。

成型充填包装というものは、熱可塑性プラスチックシートを加熱して、成型して容器を作るそうです。その中に包装対象品を充填して、包装材料の一端または他のふた材でシールを行う包装だそうです。 ジャム、チーズ、ハム、ソーセージ、餅、サンドイッチ、薬品、コーヒーミルクに使われているそうです。

-雑記

Copyright© ネットショップ経営者必見! 通販におすすめな梱包材・緩衝材メーカー6選! , 2019 All Rights Reserved.